傷つきやすい性格を直したい人への改善策について

誹謗中傷

僕は元来、些細な事でも傷つきやすい性格です。

そのため、リアルな人間関係が苦手で、人付き合いを避けてきました。

その逃げ場として利用したSNSでも悪口を言わて傷つき、結局やめました。

 

そんな行き場のない悲しみや不安に、一生付き合わなければならないのでしょうか?

しかし、そんな風に悩み続ける事に嫌気がさし、考え続けた結果、今では改善する事が出来ました。

その過程について、今回はお話していきたいと思います

 

原因:他人の言動に振り回される

僕に限らず傷つきやすい人は「他人の言動に振り回されやすい」という大きな特徴があります。

とにかく「他人の視線」が気になり「良い人と思われたい」とか「悪い人と思われたくない」という気持ちが強いのです。

そのため他人からの悪口に対し、非常に敏感なります。

もし少しでも悪く思われてしまえば、自分の身が脅やかされると感じるからです。

 

そこで身を守るために、自分を正当化して「攻撃的」になったり「言い訳」を始めるのです。

そして「悪いのは相手だ!」「自分は悪くない!」という周囲からの同意を求めるようになるのです。

 

誤った解決策①:他人からの肯定を得ようとする

傷つきやすい人は、他人からの肯定を求めがちです。

「あなたは悪くないよ。悪いのは相手だよ。」という優しい言葉が、最も欲しいセリフなのでしょう。

 

しかしそんな風に「周囲からの肯定や同意を得ようとする」というのは、残念ながら根本的な解決策にはなりません。

 

それもまた結局、他人の言動に振り回されていると言わざるを得ないからです。

確かに、味方から肯定されれば、多少の安心感を得ることは出来ます。

 

しかし、それは言い換えれば味方の顔色をうかがう事に繋がるわけです。

「味方から嫌われない様にしよう」という思考になるため、常に「良い人」でいないといられなくなるのです。

もちろん、そうやって仲間のご機嫌取りをすることが好きならば、それで問題ありません。

 

しかし、それは時として自分を押し殺す必要もあり、ただ良い人を演じているだけという側面もあるはずです。

「もしも仲間から嫌われてしまったらどうしよう」などと考えて、不安になる事もあるでしょう。

そんな風に他人に怯えて生活する事が、本当に理想的な解決策と思えるでしょうか。

 

それに、仲間だと思っている人からも、たまに傷つけるようなことを言われる事だってあるかもしれません。

そうなると、別の仲間を呼んで再び自分の正当性を訴えるという、同じことを繰り返すわけです。

 

よって、他人の言動に振り回されている限り、根本的な解決にならないのです。

 

誤った解決策②:自分が優位に立つ

傷つくことへの防衛策としては「自分が優位に立つ」という方法があります。

例えば、自分の方がいかに優れているか誇示したり、相手がどれだけ卑しいかを指摘することで、保身を図るのです。

あるいは、これまでの実績や経験などを武器に、相手を攻撃することも出来るでしょう。

 

しかし、攻撃的になったところで「他人の視線が気になって仕方がない」ことには変わりません。

他人の視線が気になるからこそ、必死になって自己防衛をしているわけですからね。

一応、他人を攻撃することでスッキリはするかもしれませんが、それはあくまで一時的なものです。

 

それに、自分が優位になろうとしたところで、それはただの虚勢でしかないため、長続きしません。

少しでも弱点を突かれれば、再び自己防衛に躍起になる事でしょうから。

よって、他人との優劣をつけている時点では、解決とは程遠いものなのです。

 

誤った解決策③:他人を遠ざけてしまう

他人を攻撃するのではなく、いっそのこと他人を遠ざけることで、自分を守ろうとするという方法もあります。

しかし、それもまた解決策とは言えません。

 

人生を全うするためには、他人との関りは避けては通れないからです。

確かに「関わってはいけない人」というのは存在します。

暴力やパワハラやモラハラをするような危険な人間に対しては、然るべき対応が必要です。

 

しかし、他人から逃げてばかりでは、仕事をすることも困難となるのです。

今、手元にお金やモノがあるという事は、それこそ「人との繋がり」によって得られたものに他ならないのですから。

 

もし1人でできる仕事があったとしても、今度は「1人でいる事の寂しさ」に苛まれる事でしょう。

 

もちろん「悪口を言われるくらいなら、寂しくても良い」というのならば問題ありません。

「本来、人間とは孤独な生き物」などと意味ありげに言われればそれまでですからね。

 

しかし、それでも結局「自分が傷ついている事」には他ならないのです。

「本当は仲良くしたいけど、傷つくから出来ない」などと悩むこと自体、十分傷ついているのです。

(アニメのエヴァンゲリオンにもあった「ヤマアラシのジレンマ」というやつですね。)

 

また、他人を遠ざけることによって「自分は他人と関わる能力がないコミュ障なんだ…」などと自信喪失になるという、本末転倒な事態にもなりかねません。

 

つまり、他人から逃げて自分の身を守る方法を取っても、それはそれで傷つくのです。

よって、これもまた根本的な解決策にはなり得ないのです。

 

傷つきやすい人の真の原因について

そうして考えていくと、傷つきやすい人の本当の原因が見えてきます。

それは、常に「自分ありき」ではなく「他人ありき」で物事を考えてしまっている事です。

 

言い換えれば、他人の価値観に、無理やり自分を合わせようとしている事が原因なのです。

だからこそ、他人の言う事が気になり、ちょっとした悪口でも傷つきざるを得ないのです。

「他人から評価を得たい」とか「嫌われたくない」などと思うのも、同じことが言えます。

 

言ってしまえば「他人に依存しすぎ」なのです。

他人からの評価を重視するあまり、自分の価値までが左右されると考えてしまうのです。

 

それを自覚し、改めない限り「傷つきやすい」という性質は変えることが出来ないのです。

傷つきにくくなる方法

よって、傷つきにくくなるためには、2つのアプローチが考えられます。

1つは「自分の価値を他人に委ねない事」。

2つは「自分の価値を自分で認める事」です。

 

そもそも他人の作った価値観や考え方や生き方に、自分が合わせる理由はあるのでしょうか?

悪口を言われたところで「相手がそう思っているだけ」であり、それが全てであるわけがありません。

それをあたかも「自分の価値や評価が決められてしまった」などと考えるのは大げさな話です。

 

他人ではなく、自分の価値は、自分で決めることが出来ます。

そして、自分の事を自分で認めていれば、他人からどう言われようが気にする必要はなくなるのです。

しかし、それが簡単に出来ないからこその悩みなので、さらに深堀していきます。

 

深堀り①:なぜ自分の価値を認められないのか?

では、なぜ自分の価値を認めることが出来ないのか?

考えられる理由は1つ。

現実の自分を受け入れることが出来ていないから」です。

 

例えば、この世の中は「自分より優位の人たち」で溢れかえっていると思います。

お金持ちだったり、イケメンだったり、エリートだったり、有名だったり、スポーツ万能だったり…。

それに比べて自分の学歴や能力、収入や地位や権力は、ほんの僅かなものだったりします。

 

そんな現実を見て、惨めな思いをすることもあるでしょう。

「惨めな自分を認める」という事が難しいからこそ、自分の価値が認められないと言えるのです。

ただ、惨めなままではいられないので「他人から認められる」ことで救われたいと願っているのです。

 

そして、自分は評価に値する人間だと、みんなに分かってもらいたいのです。

だからこそ、自分の惨めな部分を隠したり、偽ってでも善人であろうとするわけです。

 

深堀り②:自分に嘘を吐く事

しかし、それは「自分に嘘を吐いている」事でもあります。

認めたくない自分から逃げる一方で、「他人からよく思われたい」という思考は虚栄でしかありません。

それを嘘吐きと言わず、なんというのでしょうか?

 

もちろん、他人に対して嘘を吐くなとは言いませんし、それは不可能です。

しかし、自分の気持ちに対して嘘を吐いてしまうと、なおさら「自分の価値」は低くなっていきます。

なぜなら、自分自身を信用できなくなるのですから。

嘘を吐く人と正直な人、どちらの方が信頼に値するかは明白です。

 

自分が正直であった方が、自分の事を信頼できるようになるわけです。

 

なので、自分の価値を認めようとするならば「嘘つき」ではなく「正直者」になる事が正攻法といえるでしょう。

嘘つきは信用されませんが、正直というのは、それだけで信頼に値するのです。

 

深堀③:自分に正直であるためには?

しかし、自分に対して正直であることも、そう簡単な事ではありません。

「自分に向き合う事」が必要だからです。

先ほども言ったように「惨めな自分」というのは、認めがたいものです。

もしくは自分の嫌な面、嫌な体験、悩み、後悔、恥じらい、陰湿さ、残酷さ、裏切り、性癖、罪、隠したい事などなど…。

「直視したくない事」は多少なりともあると思います。

 

そういう「見たくない自分」と向き合うことが出来る人は、実はあまりいないのかもしれません。

そもそも、向き合う事は強制ではないですし、偽ったり隠したりするほうが、ある意味では楽な生き方だからです。

 

しかし、僕の場合は、他人に振り回される自分が嫌になり、本当はどうなりたいのかを考えたのです。

そのため、今まで自分で隠してきた事をどんどん紙に書き出してきました。

嘘偽りなく、自分の心の声や思考に、ひたすら耳を傾けたのです。

その際、苦痛や思い出したくない過去まで書くのは、正直勇気が必要であり、恐怖も感じました。

ただ、そうやって自分の事を文字として記すことで、徐々に冷静になり、文字通り「直視」出来るようになったのです。

自分では重大だと思っていた悩みも、書いてみれば「そんなことで悩んでいたのか」という風に至ったのです。

 

その結果、自分というものが少しだけ分かってきて、今回の文章として執筆するに至りました。

僕が自分に正直になった結果

そして、自分に正直になった結果、僕は何を得たか?

それは他でもない「自信」でした。

それは、僕がこれまで欲しくて欲しくてたまらなかったものでした。

 

僕は以前までは他人の視線を気にして、どう思われるか怯えまくっていました。

ここまで色々書きましたが、何より僕こそが他人に依存しまくっていた張本人なのです。

 

しかし、今思えばそんな他人なんてそもそも「信用に値しない」事が分かるようになりました。

そんな人たちよりも、「正直な自分の方が遥に信頼に値する事」に気づいたからです。

 

考えてみれば、攻撃的な人間ほどかつての僕のように「自信がない人たち」でしかないのです。

自分の弱さを隠すためのただの虚勢でしかないハリボテに対し、何を恐れる必要があるのでしょうか?

 

もちろん、僕は他人から「正直な人だ」と思われるつもりなど毛頭ありません。

どうでもいい他人からの評価などよりも、自分がただそう思っていればいいだけの話ですから。

 

信頼関係で結べる人たち

更に踏み込んで、僕は他人との付き合い方も考え直せるようになりました。

例えば、仕事では「利害関係」であり、友好目的なら「信頼関係」が重要になるという事です。

利害関係であれば、害よりも利の方が大きければ、どんなに嫌いな人間でも「仕方がない」と割り切れます。

一方、「信頼関係」で築いた相手と一緒にいる時間は、とても居心地がいいものです。

 

その関係を築くためにも、「相手がどの程度正直なのか」というのは一つの指標になります。

僕が今後付き合いたいと思うのは、やはり自分に対し正直でいようとする人たちなのです。

特に大切な人たちの場合は、なるべく僕も正直でいるようにしています。

 

もちろん、そのせいで傷つけあう事もありますが「後で絶対に修復できる」という自信もあるのです。

 

一方、全く繋がりのない人達とは、別に関係を築きたいとは思いません。

SNSやら掲示板に誹謗中傷を書き込む人が、果たして建設的かと言われると、そんなことはないでしょうからね。

というわけで、今回のお話は以上になります。