OMORI 引きこもりルートはガチでホラーだった ネタバレ感想

オモリ

またまた今回もゲーム「omori」の感想です。

 

前回、サニールートを終え、しばらくその感動の余韻に浸っていました。

そのあとネタバレサイトを漁り、引きこもりルートの存在を知るに至りました。

 

ただ、そのルートは「バッドエンド確定」という事が分かったため、再プレイするモチベは正直湧かなかったです。

しかし、初回クリアの際、「バッヂ(実績)はわずか20%ほどしか解放できなかった」という心残りもありました。

これでは十分「omori」を楽しんだとは言えません。

 

そこで、どうせ再プレイするなら「実績全て開放してやろう」と思ったのです。

そうすれば、見ていないイベントも大抵は網羅できると考えたからです。

というわけで、実績解放をモチベとし、チャートをブログに書きながら引きこもりルートを始めて1週間。

ようやくチャートの完成と共に、「引きこもりルートの実績」を解除することが出来ました。

 

比較的一本道であり、難易度も全体的に程よい感じでした。

ただ、サニールートの実績攻略と「シークレットエンド」はこれからになります。

 

しかし、その前に「引きこもりルート」の感想を書きたい欲求にかられたため、今に至るのです。

というわけで、再び僭越ながら感想を書かせていただきたいと思います。

 

例によってネタバレありなのでご注意を

(追記:サニールート完成しましたが、この感想はそのまま残しておきます。)

 

2週目のブラックスペースは怖い

一言で言うと、サニールートより、はるかに怖い要素が満載でした。

前回は「ジュブナイル」という印象だったのですが、このルートにはそんなものは存在せず、「ガチのホラーゲーム」でしかないと感じました。

 

僕がその恐怖を特に感じるようになったのは、再びブラックスペースに来た時です。

初回のサニールートでは、よく分からないまま「何となくヤバそうな世界」という認識でした。

謎めいたオブジェクトやセリフ、オモリ達の秘密への好奇心もそそり、ちょっと恐怖をあおる場所くらいの感覚だったのです。

 

しかし、2週目になると「その意味が分かってしまう」ことが大きな恐怖のポイントです。

「これはこういう意味なのか…」などと考えてしまうようになり、闇に呑まれそうになってしまうのです。

 

なので、あまり深く考えず、最初とは打って変わって淡々と作業をこなすようにしていきました。

 

幸いな事に8か所目の扉を開けると「赤い扉」が出現するため、僕はすぐに脱出しました。

9つ目以降のイベントは任意であり、本当は飛ばすつもりはなかったのです。

しかし、だんだんと「意味が分かる怖さ」に耐えきれなくなった結果でした。

 

こうして怖いイベントを見ずに済み、事なきを得たと思ったのですが、まさかこの後にあんな恐怖が待っていたなんて…。

 

引きこもりルートは「あと1日」からが本番

さて、この「引きこもりルート」ですが、いくつかの寄り道をこなさないと見れないイベントが後半に用意されていました。

実績解除と重なる部分もあり、やり込むつもりでプレイして良かったと思います。

 

特に、やればやるほど「戦闘」が面白くなっていき、なかなか歯ごたえのある敵も多かったのです。

サニールートとは違い、やはり「RPG」としての側面も兼ね備えていました。

オモリ専用の最強スキルの「異質さ」と「圧倒的なダメージ量」に、中二心をくすぐられたりも。

 

こうして僕は先ほどの恐怖のことなど、すっかり忘れていきます。

さらなるRPGの世界「ヘッドスペース」に入り込み、強敵との闘いを大いに楽しんでいたわけですが…。

 

そんな調子に乗った僕ですが、いよいよ終盤のメインイベントである「ボスラッシュ」に挑みました。

これは、ひたすらボス敵と戦い続けるというシンプルなルール。

通常はいつもの4人で戦うのですが、問題はそれを終えてからです。

 

1度クリアすると、次は「バジルとの2人だけで挑む」という新たなボスラッシュが始まるのです。

これは実績にも何の関係もありませんし、その見返りがあるかどうかも分かりません。

けれど、すっかり戦闘にハマった僕は、「やってやるぜ」と言わんばかりに攻略にのめり込みました。

また、ついにバジルと共闘できるというのも、特別感があってテンションが上がりました。

特に最後の敵は作中でも最も強く、何度もゲームオーバーを繰り返しました。

そして戦略を練り、ようやくつかんだ勝利…!!

 

…と思いきや、次はまさかの相手とのバトル発生

 

一応、ネタバレサイトで知っていましたが、その後の展開までは知らず、予測不能でした。

 

そして、僕はこの戦闘の際、作中で最も深い恐怖のダメージを負ってしまったのです…。

 

まさか、最後の最後であんなシーンが出てくるとは思いませんでした。

あえて詳細は書きませんが、僕にとっては正直、作中屈指のトラウマでした。

さらに言えば、ホラゲにあまり触れてこなかった僕にとって、もっとも恐怖したホラゲとなった瞬間でした。

(ちなみに僕はリンダキューブとか、BAROQUEなどの少し毛色の違うホラーRPG(?)はクリアしましたが、そういう怖さではなかったです。)

 

なんというか、「見てはいけないもの」を見てしまった気分です。

 

サニーのトラウマに共感出来た瞬間

ボスラッシュの例のシーンは、サニーの抱えたトラウマというものが何なのか、ダイレクトに訴えかける形でした。

 

サニー視点で、しばらくの間直視しなければならなかったのは、さすがにキツ過ぎます。

あのシーンは恐らく、サニーが本当にバジルと2人きりで見た光景だと僕は思います。

マリを突き飛ばしてからは無我夢中だったのでしょう。

それから木に吊るした時に「なにか」としてサニーに見えるようになったわけですが、それは後の話。

ボスラッシュ時のマリは、吊るした直後の「本物」の姿が描かれていたのだと思います。

 

バジルはそれを自分たちのせいではなく、「なにか」のせいにして、現実逃避をしていたと考えられるのも頷けます。

一方、サニーが引きこもりになった理由やその罪の重さについて、より深い共感を得られるようになった気がします。

 

・・・再び追記です。

後でまた「サニールート」をプレイしましたが、同じく、マリが吊るされたシーンが最後の方で出てきました。

けれどシチュエーションや、恐怖への向き合い方が全く異なっていため、僕は勘違いしていたようです。

サニールートでは「乗り越える」という選択が出来ましたが、引きこもりルートでは、ひたすら殴り続ける事しか出来ないという、恐ろしい展開でした…。

ルートの違いによるギャップが激しすぎて、脳が誤作動を起こしてしまったようです。申し訳ありません。

 

友達という存在

それから、引きこもりルートを終えてみて、思ったがあります。

それは、これほどのトラウマを抱えながら、よく「サニールート」という道があったなという事です。

しかもわずか3日たらずで…。

 

また、このあと通称「ブラックスペース2」と呼ばれる場所があるのですが、そこでも更なる恐怖が待ち構えていました。

あまりの予測不能の怖さに、僕は途中で断念してしまいました。

 

なので、その全貌は残念ながら分からないのですが、サニーの闇が想像以上に深いことが分かってきます。

 

それだけの闇から、最初に引っ張り上げてくれたケルを始めとした、友達の存在の大きさを認識せざるを得ません。

というか、サニールートではそもそも「ブラックスペース2」には行けないという事を考えると、やはりケルたちがセーフティーネットになってくれたのかもしれません。

 

もちろん、それでも「バッドエンド」を迎える場合もあるので、最後の最後までギリギリのラインで成り立っているサニーが、なんだか悲しく儚い存在に思えてきます。

 

それにグッドエンドを迎えたからと言って、サニーのトラウマはすべてなくなったわけではないはずです。

 

罪に対してどう向き合っていくかも想像次第ですし、あくまで「ようやく自分と向き合うことが出来た」という限りなくマイナスに近いスタートラインに立てたというレベルなのでしょう。

 

それでも唯一の救いは、サニーには無二の友達がいると信じられることです。

それは前回も触れましたが、引きこもりルートは本当に救いがなく、唯一の救いが死だけなのがなんとも…。

 

To be, or not to be

思えば、ヘッドスペースでも、唯一の救いを求めるからこそ、何度も自らを刺してきたのかもしれません。

そうやって架空の自分を殺めることで「現実の自分」を守ってきたとも言えます。

 

いったいこれまで何人のヘッドスペースのサニー(オモリ)は犠牲になってきたのでしょうか…。

 

そして、迎えるバッドエンドも、否定してはいけないと僕は思います。

結局は誰かの支えがあってもなくても、決めるのは他でもない自分自身なのですからね…。

 

引きこもりルート 最後に

正直、一本のゲームでここまで考えさせられたことはありませんでした

僕はハッピーエンドが好きなので、ゲームは基本的に「楽しかった」で終わらせたいのです。

 

ところが、何だこのゲームは…。

 

特にボスラッシュでは、勝利の余韻とか、意外なバトルという事もあり、しっかりとゲームを楽しんでいたのです。

それなのに、不意打ちのようにやってくる恐怖シーン。

むしろ特典が欲しいくらいなのに…というか、あれは特典だったのでしょうか…?

 

むしろ、ヘッドスペースに楽しさなんてない、たどり着く先に幸せなどない、という警告だったのかもしれませんね

 

ただ、僕自身も軽いトラウマになってしまい、もはや気軽にプレイできなくなってしまいましたよ…。

次は「サニールートのシークレットエンディング」を見るつもりなのですが、まだしばらくできそうにないです。

 

それに結局、マリは何をしても帰ってこないというのが悲しいのです。

 

・・・が、ここで停滞していても仕方がないので、いずれチャート作成が終わったらまた。

 

というわけで、今回はここまでとなります。

ちなみに、引きこもりルートの実績解除のチャートはコチラです。

イベントの起こる場所は書いてありますが、イベントの内容まではネタバレしないように書いています。

ご興味があればぜひ。