メルカリとゲオで中古のゲームが高額買取!? 内訳を公開!

ゲーム買取

引っ越しを機に、意を決してゲームを捨てようと思っていた僕。

しかし、妻から「捨てるくらいなら、売った方が良い」と勧められました。

僕は「今さらDSやプレステ3のゲームなんて売れないだろ…」と思いながらも、新旧含めて「40本」ほどのゲームをバックに詰める事に。

(売れなくて恥ずかしい場合の保険としてswitchのゲームも忍び込ませました。)

 

いざゲオに向かい、店員さんに手伝ってもらいながらゲームを取り出していく僕。

「これだけ気合入れて持ってきても、2000円くらいだったら恥ずかしいな…」と思いながら、待つこと数十分。

そして、レシートに記されたのは、「27,000円」という、まさかの高額な値段でした。

買取ボーナス5000円が大きかったのもありますが、DSのソフトで1000~2000円の値段が付いたことに驚きました

何かの間違いかと思い、アマゾンやメルカリで見てみると、どうやら未だに値崩れしていないゲームがあるようで。

「捨てようと思っていたのにこんな値段が付いたなんて…」と、妻に感謝しつつも、僕は自分の愚かさに後悔しました。

 

「もっとよく調べてから売ればよかった…」と。

 

しかし!!

 

ゲオでも買取対象外のものもあり、返品されたゲームもありました。

そして、その中には、ネットで高額で取引されているものもあったのです!

 

そこで今回は、自分が発見した高額買取が狙えそうなゲームを紹介させていただきたいと思います。

 

みなさまの押し入れの中にも、もしかしたらお宝ゲームが眠っているかもしれませんので、ご参考までに!

注意事項

  • 2022年12月における個人調べです。
  • 記載する価格帯は、あくまで個人の予想でしかない事をご了承下さい。

 

まずは、DS・3DSのゲームから紹介していきます。

メタルマックス2:リローテッド 【プレミア】

  • 対応機種:ニンテンドーDS
  • 発売日: 2011年12月8日
  • 定価:6,090円

まず特に目を引いたのは、「メタルマックス2 リローテッド」です。

ゲオでは「2,500円」という、今回で1番の高額で買い取ってもらえました。

ところが、メルカリ相場では10,000円前後。

明らかにプレミアソフトでした。

しかもこれは「通常版」の値段です。

さらに上位品である「Limited Edition」(限定版)であれば、それ以上の値段で取引されているみたいです。

 

ちなみに、メルカリなら「メタルマックス4(3DS)」でも10,000円も狙えそうです。

「メタルマックス3(DS)」なら5,000円前後でしょうか。

高品質のゲームだけあります。

 

ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3DS

  • 対応機種:ニンテンドー3DS
  • 発売日: 2015年2月14日
  • 定価:4,700円

 

続いては「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面3D」です。

ゲオでは1,500円で買い取っていただきました。

数百円の価格帯が大半の中で、1000円以上はなかなかの高価格帯です。

また、メルカリでは2,000円前後。

送料や手数料が引かれる事を考えると、ゲオで売った方がお得な感じでしょうか。

 

ちなみに、メルカリでは3DSの同シリーズ「時のオカリナ」「神々のトライフォース2」も近い価格帯のようです。

 

エルミナージュII DS Remix ~双生の女神と運命の大地~

  • 対応機種:ニンテンドーDS
  • 発売日: 2009年10月29日
  • 定価:6,090円

意外だったのがDS版の「エルミナージュ2」です。

ややマイナーなゲームであり、発売から10年以上たっていますが、ゲオでは1,000円で売れました。

一方、メルカリ相場では5,000円前後なので、マニア層がいることが伺えます。

 

ちなみに、エルミナージュIIはPSP版もありますが、DSと違って相場は下落します。

理由としては、DS版では「撮影した写真を、キャラクターの画像にできる」という機能があったからだと推測されます。

 

ポケットモンスター ハートゴールド

  • 対応機種:ニンテンドーDS
  • 発売日:2009年9月12日
  • 希望小売価格:4,800円

完成度の高いリメイク作として有名な「ポケットモンスター ハートゴールド」。

僕がもっともやり込んだポケモンシリーズです。

売るのは忍びなかったですが、ゲオでは1,100円という割と値段が付いてラッキーでした。

メルカリでも2,000円近い価格帯なので、同等というところです。

 

ただ、付属の「ポケウォーカー」を紛失してしまいましたが、もしあればもっと高値が付いた可能性があります。

 

ちなみに、HGよりも新しい作品である「サン」や、「X」も売りましたが、こられは数百円でした。

やはり、ゲームの人気度や面白さも価格にも反映されるのかもしれません。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

  • 対応機種:Nintendo Switch
  • 発売日:2017年3月3日
  • 価格:7,678円

 

テレビ朝日系「テレビゲーム総選挙」で1位に選ばれた「ブレワイ」。

ゲオでは3,500円で売れました。

2017年に発売されたゲームですが、5年たってもこの値段を保持するのは強いですね。

送料手数料を考えると、メルカリとあまり変わらない感じです。

 

ちなみに、あまりにも自由の高すぎるオープンワールドは、僕はちょっと苦手で10時間くらいでやめてしまいました。

 

ドラゴンクエスト7

  • 対応機種:ニンテンドー3DS
  • 発売日:2013年2月7日
  • 価格:6,090円

ゲオでは800円で売れた3DS版のDQ7。

メルカリでも同程度です。

同じくDS版のDQ9、DQ11は100~200円だったため、7はそこそこの高値といえます。

 

ただ、僕は「DQ8も買っておけばよかった」とやや後悔しました。

というのも、メルカリを見る限りは「DQ8」は4,000円前後の価格で売られていたからです。

DS版のDQ5、6と比べても、最も高いと思われるのは「DQ8」です。

 

僕もDS版が発売された当時は「7と8どっちを買おうか」で悩んでいましたが、結局7を選びました。

とはいえ、7と8はPSやPS2で300時間以上やり込んでいたので、結局DS版はあまり遊びませんでした。

 

真・女神転生IV FINAL

  • 対応機種:ニンテンドー3DS
  • 発売日:2016年2月10日
  • 価格:6,648円

今回ゲオで3番目に高く売れたのが「真・女神転生IV FINAL」でした。

ゲオでは1800円でしたが、メルカリでは3,000円程度です。

個人的には前作の「無印4」の方が好きでしたが、意外と「続編」の方が高く売れる傾向にある気がします。

 

メトロイド サムスリターンズ

  • 対応機種:ニンテンドー3DS
  • 発売日:2017年9月15日
  • 価格:5,478円

 

ここからは僕が持っていないけど「欲しかったソフト」を挙げます。

その中でも、未だに値崩れしていないのは「メトロイド サムスリターンズ」です。

これは初代メトロイドのリメイクであり、3DSでしかプレイできないソフトです。

メルカリでは6,000円前後で取引されています。

ただ、amazonの最安値が「8,000円」の場合もあるため今後も値上がりする可能性があります。(あくまでも予想です)

 

サガ3時空の覇者 Shadow or Light

  • 対応機種:ニンテンドー3DS
  • 発売日:2011年1月6日
  • 価格:5980円

「サガ3時空の覇者 Shadow or Light」も欲しかったけど、持っていないソフトです。

メルカリでは4,500前後で取引されています。

3DSソフト全盛期の時にやっておけばよかったです。(今はswitchにハマっているため、いまさら感が強い。)

 

ちなみに、前作の「サガ2 秘宝伝説のリメイク」は非常に楽しくプレイしました。

しかし、「サガ2リメイク」の売値はゲオでは100円であり、メルカリでは1,000円前後という値段が相場のようでした。

 

…というわけでDSソフトの紹介は以上です。

続いて「PS」と「PSP」のゲームをご紹介していきたいと思います。

ペルソナ2 罰 【プレミア】

  • 対応機種:PSP
  • 発売日:2012年5月17日
  • 価格:6,279円

プレミアソフトその2!

「PSPのリメイク版」の「ペルソナ2」です。

ゲオではPSPは買取対象外なので、残念ながら自分で引き取ることに。

 

ところが、メルカリの相場では7,000円で取引されていました!

自分もその値段で売ることができ、非常に満足しています。

危うく捨てるところでしたが、その前に調べてみてよかったです。

 

ちなみに前作の「罪」も2,000円程度で売ることが出来ました。

 

天外魔境コレクション 【プレミア】

  • 対応機種:PSP
  • 発売日:2008/07/31 
  • 価格:2,940円

プレミアソフトその3!

元々は3,000円程度に購入したものです。

しかし、14年の時を経て、メルカリにて「8,000円」以上で売れました。

現在で遊べる手段は限られている名作レアゲーなので、需要はまだあるといえるでしょう。

 

ちなみに、僕はPSアーカイブスでも「天外魔境2」を購入済みです。

今作を買った理由は初代である「天外魔境 ziria」をやってみたいがためです。

そういった価値も踏まえれば、8,000円も妥当なのでしょうかね。

 

悪魔城ドラキュラ Xクロニクル

  • 対応機種:PSP
  • 発売日:2007年10月23日
  • 価格:7,329円

「悪魔城ドラキュラ Xクロニクル」も、いまだに根強い人気を誇っています。

メルカリで4,000円程度で売ることが出来ました。

 

「悪魔城シリーズ」も古くから続く人気作品だけあって、ファンもたくさんいるとみて取れます。

このゲームのすごいところは、「血の輪廻」と、「月下の夜想曲」が同時に収録されているところです。

プレミアとまではいきませんでしたが、今でも遊べる名作です。

 

ちなみに僕はsfcの悪魔城ドラキュラがもっとも好きな作品です。

 

リンダキューブアゲイン

  • 対応機種:PS
  • 発売日:1997年9月25日
  • 価格:5,800円

知る人ぞ知る名作「リンダキューブアゲイン」。

25年前のゲームですが、いまだに4,000円前後で取引されています。

僕にとってもかなり思入れがあるので、このゲームは手放す気にはなれませんでした。

 

実は「攻略本」の方が高かったり。

また、初出が「PCエンジン版」なのですが、こちらの方も高値で取引されています。

天外2と同様、PCエンジンミニにも収録して欲しかったです。

 

ネクストキング

  • 対応機種:PS
  • 発売日:1997年6月27日
  • 価格:???

 

僕がプレイした最初で最後のギャルゲーです。

リンダキューブを知っている人なら、おそらく「ネクストキング」も知っているかと。

メルカリでは3,000円程度で取引されています。

しかし、知名度のせいか、買われることもあまりないようです。

いつかはプレミアがついて、値上がりしてほしいなぁと勝手に思ってます。

 

伝説の激レアゲームについて

さて、以上が主な僕の手持ちゲームの相場紹介でした。

みなさまも、相場を調べてみると、意外と高額で取引されているゲームがあるかもしれません。

 

それでは最後に、ガチでプレミアの付く「レアゲー」の一部も紹介したいと思います。

(もちろん、僕は持っていません。)

 

シリアル エクスペリメンツ レイン

  • 対応機種:PS
  • 発売日:1998年11月26日
  • 価格:5,800円

伝説のプレミアゲーといえば、「シリアルエクスペリメンツレイン」が挙げられます。

入手場所が限られているうえ、メルカリでも60,000円近くの値段で取引が行われています。

僕が知る限り2015年とかでは2万近くだったので、年々値上がりしている感じでしょうか。

1度だけたまたま中古ショップで見かけたことがあるのですが、その時買っておけばよかったと後悔しています。

ちなみにアニメは全部見ましたが、難解すぎて理解できませんでした。

 

夕闇通り探検隊

  • 対応機種:PS
  • 発売日:1999年10月7日
  • 価格:5,800円 

「夕闇通り探検隊」も有名なレアゲーといえます。

メルカリで見る限りは2万~3万円程度です。

ちなみに2011年においては、こんな情報も掲載されています。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1367637178

やはり、当時よりも値上がりしているようです。

 

L.S.D

 

  • 対応機種:PS
  • 発売日:1998年10月22日
  • 価格:4,800円

メルカリでもなかなかお目にかかれない一品です。

ヤフオクも併せてみると6万~7万近くといえます。

レインに並ぶPS時代の激レアゲーの一角といえるでしょう。

(内容はよくわからないです。)

新・豪血寺一族-煩悩解放

  • 対応機種:PS2
  • 発売日:2003年3月21日
  • 価格:7,140円

かつてニコニコ動画で一世を風靡した「レッツゴー!陰陽師」の元ネタ。

アトラス製の格闘ゲームであることは、あまり知られていなかったり。

そして、実はかなりのプレミア&レアゲーなのでした。

入手困難ではあるものの、メルカリでは20,000円以上で取引されていることが確認できます。

 

ちょっと話がそれていましたが、以上がプレミアゲーム紹介でした。

 

高額買取ゲーム まとめ

さて今回、僕がゲオとメルカリで売ったゲームは合計50本近く。

トータルで約60,000円になりました。

捨ててしまえば「0円」で終わるところだったので、本当に売れてよかったです。

 

「ゲオ」の良いところは送料、手数料、配送の手間がかからないところです。

また、買取ボーナスも付くため、数が多いときは一括で売るとお得になるかもしれません。

メタルマックス2だけは失敗しましたが、それでも2,500円はありがたいです。

 

一方、メルカリは数本だったり、1つ1つが高額になる場合に使えるといえるでしょう。

さすがに50本をいちいち相場を調べて配送して…というのは結構手間になりますからね。

 

ただ残念ながら、売る前に捨ててしまったゲームもあるので、その点は後悔しています。(主にPSのゲーム。)

 

プレミアゲームの小話

また、紹介しきれませんでしたが、プレミアゲーの世界は結構奥深いものがあります。

タイトルで言えば、「Rule of Rose」「パネキット」「チュウリップ」とか…。

僕はPS時代のレアゲーしか知らなかったのですが、今回で「DS」あたりのソフトもプレミアがつき始めていることを知りました。

 

ただし、急にプレミアじゃなくなるパターンもあるので、早めに売った方がいい場合もあるかもしれません。

例えば、「MOON」や、「LIVE A IVE」、「ラジカルドリーマーズ」もかつては「プレミアゲーム」でした。

しかし、近年になってSteamやswitchで配信されるなど、環境が大きく変わって驚くばかりです。

「MOON」は、制作したスタジオ「ラブデリック」の解散により、配信なんて実現不可能だと思っていました。

「LIVE A LIVE」は著作権の問題もあったのに、まさかリメイクまでされるなんて思わなかったです。

「ラジカルドリーマーズ」に至っては、金額の問題ではなく「手に入れること自体が難しい」という超激レアゲームでした。

 

この流れに乗って、「リシアルエクスペリメンツレイン」も再販して欲しいなぁと切に願うばかりです。(僕の人生で1度はやってみたいソフトの1つ。)

 

というわけで、今回はここまでとなります。

皆様のご参考になれば幸いです。