読まれる日記ブログと、読まれない日記ブログの違いについて

読まれないブログ

今回のテーマは「読まれる日記ブログ」と「読まれない日記ブログ」の違いについてです。

 

読まれる=収益化ではない

最初に断っておきますが、ある程度読まれる日記ブログだとしても、大きく稼げるというわけではありません。

もし収益化が目的ならば、商品紹介に特化したアフィリエイトブログにした方が良いです。

 

なぜなら、世に出回っているアフィリブログでは「いかにお金にするか?」というスタートがあり、そこに膨大な時間と心血が注がれているという現状があるからです。

それに対し、特に商品リンクも貼らないようなアドセンス頼りのブログは、そうそう勝てるわけがないのです。

 

なので、効率的に稼ぐならば、アフィリ中心のブログを書いた方が良いと言えます。

 

何のための日記ブログか?

しかし「お金はいらないけれど、何か書いてみたい」という方もいるでしょう。

そういう方にこそ、日記ブログは最適と言えます。

日記ブログは「趣味」であったり「承認欲求を満たす手段」としても活用することが出来ます。

また、「情報収集」したり「アプトプットする習慣」も身につき、「生活の質が向上する」事にも繋がるのです。

 

つまりお金とは関係なしに、1つの趣味として楽しむ分には、日記ブログの役割は大きいと言えるのです。

 

ブログは読まれなくてもいい?

さらに言えば、ブログを完全自己満足の趣味とするなら、「他人から読まれるか否か」は関係ないです。

自分が好きでやっているのであれば、別に他人から読まれなくてもいいわけですからね。

なので、基本的には「日記ブログは自由に書いてもいい」と言えます。

 

しかし、せっかくブログを書くならば「もっと多くの人に読んでもらいたい」という欲求も生まれてくる事と思います。

その時は、ただの自己満足の趣味ではなく「他人の視線」を意識する必要が出てくるのです。

 

有名人との違いについて

では、なぜ他人の視線が必要なのか?

それは他人から「価値がある」と思われないと、ブログは読まれないからです。

 

例えば、有名人が情報を発信する事は、多くの注目を集める事があります。

それだけの「価値がある」と感じる人がいるからこそ、読まれれるわけです。

 

だからといって、「一般人のブログは読まれない」というわけでもありません。

たまにそういう事を言う人もいますが、それはおかしな話でもあります。

たとえ有名でなかったとしても、読む人に「価値がある」と感じてもらえれば、それこそが「読まれるブログ」になるからです。

 

読まれるブログとは何か?

ではその「価値あるブログ」とは、具体的にどんなものなのでしょうか?

シンプルに3つのポイントが挙げられます。

 

1,人の役に立つ事

2,他人からの共感が得られる事

3.面白いと思われる事

 

ちなみに、この3つは僕がブログを書く上で、プロから教わった重要事項です。

いずれも密接に関わってくるので、1つずつご紹介してきます。

 

人の役に立つブログについて

まず「人の役に立つこと」はそれだけで価値になります。

「○○の情報を下さい!」⇒「はい、どうぞ」というのが検索システムの役割ですからね。

 

これは単純な話であり、相手が欲しがっている情報を与える事が出来れば、価値あるブログと言えるのです。

例えば、新型テレビの情報が欲しい人に、価格の相場とか、オススメのメーカーとか、実際に買ってみた感想とか書けば、十分に価値を与えられると思います。

別に家電のプロじゃなくても、実際に購入した人にしか分からない「使用感」というのは、貴重な情報になりえるからです。

 

一方、欲しい情報がないブログは役に立たないため、読まれません。

自分はテレビの情報が欲しいのに「テレビよりラジオの方がいいですよ」などと紹介されたとかでは意味がありませんからね。

(仕事できない人間にありがちな、自分目線の商売です。)

 

また、以前は「調べてみましたが分かりませんでした」という「いかがでしたか系」のブログが乱立していました。

今ではほとんど淘汰されましたが、それこそ「役に立たなかったから」という理由からだと思われます。

結局、他人目線を考えずに「自分が楽して稼ぎたいだけ」では、長続きしないのです。

 

他人からの共感について

続いて「他人からの共感」についてです。

例えば、仕事とか育児とか日常生活の「あるあるネタ」とでも言うのでしょうか。

根本的な解決にはならなくても「自分だけが悩んでるわけじゃないんだ」などというポジティブな気持ちを与えられれば、価値があると言えるでしょう。

 

特に「自分と似た境遇」にある人からは、より多くの共感を得られると思います。

例えば、「ブラック企業勤め」というのは一見マイナスイメージですが、同様に「ブラック企業で働いている人」からの共感を得られるわけです。

あるいは「ホワイト企業に入りたい!」という新卒に対しても「ブラック企業の見分け方」みたいな事を教えられるかもしれません。

 

そうしたネタのバリエーションを増やしていくためにも、自分がどういう立ち位置なのかをハッキリさせておく事も重要です。

 

自分の軸があってこそ、他人からの共感が得られるのです。

逆に、自分に自信がなかったりすると、助長的であったり、上から目線だったり、自慢話になりがちになります。

そんな風に自分軸がブレブレの人は、他人からの共感は得にくいのです。

 

面白いと思われる事

そして「面白いと思われる」事も重要です。

単純に「笑える」という意味でも、面白い文体の人には価値が生まれやすいです。

ただし、人を笑わせる事はそう簡単な事ではありません。

センスであったり本人のキャラクターにも依存するため、一番難しいポイントと言えます。

 

ですので笑いよりも「相手に興味を持ってもらう」という意味での面白さを考えた方が現実的です。

例えば「この人はどういう人なんだろう」とか、「こういう考え方もあるのか」とか。

そんな風に「人とはちょっと違う目線」を意識する事が興味に繋がるのではないかと思っています。

 

もちろん、ひねくれ過ぎると「なんだコイツ」と思われてしまい、読者は離れていく可能性もありますが。

その一方で、あまりにも平凡な文章だと、それはそれで面白みがないというジレンマも。

 

とはいえ量産型の文章では埋もれてしまうため、「差別化」という意味での面白さは重要になるのではないかというのが個人的な解釈です。

 

読まれる日記ブログのまとめ

以上をまとめると「他人の視線を気にするか否か」で、ブログが読まれるか否かが決まる、という結論となります。

もちろん、「自分勝手すぎるブログ」というのも1つの個性だったりするので、それはそれで読まれるかもしれません。

どこにどんな需要があるのかというのは、実際に行動してみない事には分かりませんからね。

 

最も重要なのは「自分の目的」ですので、とりあえずやりたいようにやる事が一番ではないかと思います。

頭でいろいろ考えるのも大事ですが、手を動かしながら考えてみるという事も時には必要なのです。

 

それにアウトプットを繰り返していくと、自分の思考が整理されるため、ブログの方向性も徐々に定まってくるかもしれませんから。

そういう意味でも僕はこの日記系雑記ブログを始めて良かったと思っています。

(もちろん、お金にはなっていませんが。)

 

というわけで以上です。

また別の記事でお会いできると嬉しいです。