「逃げてもいい」は嘘? 無責任なのかを考える。

逃げてもいい

優しい人が言いがちな「逃げてもいい」という言葉。

確かに「逃げる」という選択は時として有効だとは思います。

しかし、だからといって、安易に「逃げてもいい」という言葉を使う人への違和感もあります。

 

今回はそんな「逃げてもいい」という言葉について考えていきたいと思います。

 

「逃げてもいい」は嘘なのか?

まず、逃げるためには、大切なことがあります。

それは「逃げ込み先」があるかどうかです。

当たり前ですが、一口に「逃げてもいい」といっても「どこへ?」ってなるわけです。

 

例えば、学校から逃げたとしても、待っているのは「就職」であったり、「家」しかないわけです。

もちろん、就職したければ学校から逃げてもいい場合もあるでしょう。

中学生までなら学校に行かなくても自動的に「卒業」はできますからね。

 

しかし、ある程度の学歴がないと思うように就職が出来ない事もあります。

一方、永遠に家に逃げ込んだところで、親が一生養ってくれるかは分かりません。

 

また、事あるごとに逃げてばかりいては、いずれ苦しくなる事もあります。

逃げ続けた結果、現実にも向き合えなくなってしまえば、元も子もありません。

 

ですので「どこに逃げるのか」が分からず、やみくもに逃げ回っても、効果的ではないのです。

それにその人によって「逃げ場があるかないか」は、環境や立場によって大きく異なるでしょう。

 

そうなると安易に「逃げてもいい」というアドバイスをすることは、その人の事を全く考えていないのではないかと思うわけです。

 

もちろん「逃げてもいい場面」はあるかもしれません。

しかし、具体的な逃げ場や、デメリットも説明せずに「逃げてもいい」と言うだけでいいのでしょうか?

その通りにして、もし失敗してしまえば、嘘になってしまう場合もあると思います。

 

「逃げてもいい」は無責任なのか?

もちろん、「逃げる場所」を用意してある人ならば、話は別です。

例えば、親ならば子供に逃げ場を用意してやるというのも、1つの責任だと思います。

 

しかし、「逃げてもいいよ」といいながら、その後のアドバイスを示さないというのは、いささか無責任と言わざるを得ません。

「学校が辛かったら逃げても良いよ!」

「仕事が嫌になったらやめても良い!」

と言われたとしても、「じゃあ、逃げた後はどうすればいいの?」となるわけです。

結局は、「後は自分次第だよ」と丸投げにされるのがオチであり、責任を取ってくれるは不明なのです。

甘い言葉で釣っておきながら、結局は「都合のいい自己責任論」を押し付けられるというわけです。

だったら最初から「逃げてもいいよ」なんて言うなよって話になります。

 

逃げるにいいも悪いもない ただの結果論

もちろん、逃げ場を用意してある人が「ここに逃げ込みなさい」というのは、理屈が通ります。

しかし、そうでないのにアドバイスをする人は、いったいどういう立場の人なのでしょうか?

1つ考えられるのは、結果的に「逃げることで成功した人」でしょうか。

 

たとえば、

「自分も昔は嫌なことから逃げたけど、好きな事に出会えて成功しました!」

「だから、君も逃げていいんだよ!」

という人からすれば、そりゃあ「逃げた方がいい」という結論になるでしょう。

 

しかし、逃げて良かったかどうかが分かるのは「後になってから」なのです。

逆に、「嫌な事でも逃げずに頑張ったから成功した」という場合も当然あるわけです。

 

つまり、ただの結果論でしか、逃げた方がいいか悪いのかの判断がつかないのです。

 

というか、あくまで「逃げる」というのは良いも悪いもなく、手段の1つでしありません。

逃げるという事が適切な場合もあるし、そうでない場合もある、というだけの話なのです。

 

逃げるという事は、何かを失う事

もし僕がアドバイスするならば、まずは「逃げた後に何を失うか」という事を考えた方がいいと思います。

 

学校をやめれば、学歴を失います。

仕事をやめれば、お金を失います。

 

それは、今後の人生は大きく変わってくるような、重要な分岐点です。

ですので、まずは「失うリスク」について考えたうえで、逃げるかどうか判断することが大切になるのではないでしょうか。

 

逃げた後に手に入るもの

その一方で、逃げる事で手に入るものもあります

それは「時間」です。

 

何かをやめれば、その分の時間を持て余すのは自明の理です。

したがって、次に考えるのは「増えた時間をどう使うか?」という事になるのです。

 

もしも、自由な時間を確保したいのならば、「逃げる」という選択をとってもいいのではないかと思います

嫌なことをする時間よりも、楽しい時間を増やしたいと思うのは、自然な事でしょうから。

 

時間の使い方について

とはいえ「自由な時間」の使い方はかなり難しい事でもあります。

「自由」というのは聞こえがいいですが、「すべて自分で決めなければいけない」という責任と決断力が求められるからです。

 

例えば、いきなり「今から何でも好きな事をやって良いよ」と言われても、すぐに思い浮かべられるでしょうか?

最初のうちは良くても、長期的な目的がないと「何をすればいいか分からない」と、道に迷うことにもなるのです。

それに、好きな事ばかりやっていたとしても、お金が稼げなければ、そもそも生活が成り立たなくなります。

 

したがって、時間を有効活用できないと、浪費するだけになりかねないのです。

時間の浪費とは恐ろしいもので、何も得られない上に、ただ年齢ばかりが重なっていくばかりです。

 

そうならないためには、「何のために逃げるのか?」とか「逃げた後どうするのか?」という目的意識が必要になるのです。

(ちなみに「体を休める」というのは立派な目的になりますので、浪費などとは異なります。)

 

学校や会社による時間管理

一方、学校や会社などの「社会」においては、時間を有効活用できる仕組みとなっています。

ある程度の指針も用意されるので、責任も決断力も軽減されるうえ、あまり迷う事がない事がメリットです。

ただし、それは「縛られる事」でもあり、自分のペースに合わせられないと、辛い場所にもなりえます。

 

この「自由」と「束縛」のバランスに関しては、人によって異なるため、一概にこれが正しいという解決策は存在しません。

ですので、自分に合った時間やペースの管理をすることが大切になると思われます。

そのためにも、一度休んでから頑張るという道もあるでしょう。

それに、最初から目的がなくても、一度逃げることで見えてくる景色もあるかもしれません。

 

もちろん、結局は本人の意思次第ではあるので、逃げた先の事は僕にもわかりません。

僕が言えるのは、逃げた場合の「失うリスク」と「時間が増える事」については考えておいて損はないという事だけです。

 

・・・ちなみに僕の場合ですと、面倒な人間と関わる事や、楽しくない事など、自分にとってデメリットが多い事からは逃げています。

 

そして空いた時間を家族のために使ったり、好きなゲームしたりテレビや本を読んだり、ブログを書いてお小遣いを稼いでます。

 

逃げない人との違いについて

ただし、上記の論が通じるのは、やはり「逃げ場がある人」だけです。

「逃げ場のない人」にとっては、無意味なアドバイスにしかなりません。

僕の場合「健在な両親が住む実家」という逃げ場があったので、就職がうまくいかなくても何とかやり過ごせていました。

こんな風に甘い環境にいる人ほど、逃げることに抵抗がなかったりするのですよね…。

(もちろん、就活はそれなりに頑張っていましたが。)

 

一方、逃げる事を嫌う人は、厳しい環境にある人だったりします。

やむ負えぬ事情、生まれや環境など、立場によっては常に逃げられる人ばかりではないはずです。

 

逃げる事が許されない場合は、戦うか、やり過ごすか、相談するなどの何らかの対策を取っていくしかないのでしょう。

そうした立場も考えると、なおさら「逃げても良いよ」なんて気軽に言えないわけです。

 

ただし、その逆のパターンもあります。

「逃げない人」というのは「逃げる人」に対し、厳しく当たる場合もあるのです。

「逃げるなんて情けない!」などと、非難された経験は僕にもあります。

 

しかし、そういう意見もまた、無責任としか言いようがないのです。

逃げなかったからといって、必ずしも望む結果が手に入るとは限らないのですから。

 

逃げないという事

とはいえ、一度や二度くらい逃げる事が出来たとしても「いつまでも逃げ続ける事」は難しいことでもあります。

年を取るとともに、甘えられる相手がいなくなっていき、「逃げ場」もなくなっていくのです。

 

その時に備えるためにも、やはり「逃げないという選択」も考える必要があると思います。

 

「逃げない」といっても、別に「真っ向から戦う」事だけがすべてではありません。

それこそ、誰かに相談したり、安らげるスペースを見つけたりと、何かを頼っても問題ないのです。

また、今やっていることがダメになった場合どうするかという保険や、「逃げ道を確保しておく努力」も非常に大切なのです。

 

ちなみに、休んだり人に頼る事は、別に逃げる事ではないので、混同してはいけません。

 

「逃げてもいい」について 最後に

さて、最後になりますが、僕は人生そのものから逃げるのも、自由だと思っています。

自殺に対して肯定も否定もしていません。

その人の人生の責任を持てないし、救う事も出来ないからです。

 

もちろん、手の届く範囲にいる人ならば、全力で何とかしようとは思います。

しかし、そんなのはごく限られた範囲であり、僕は無力なのです。

 

ただ、誰もが遅かれ早かれなくなる命には違いありません。

「逃げる」というのは、命ともいうべき「時間」を、どう使うかと言う話です。

 

僕としては嫌な時間を長く過ごしたくはないので、なるべく楽しくなるように時間をコントロールしていきたいと思っている所存です。

 

というわけで、今回のお話は以上となります。

また別の記事でお会い出来たら幸いです。