「ホビホビしてきた」というパワーワードについて考える

ホビホビ

今回はこの記事から引用させていただきます。

持たざる人、ホビホビ…“低身長男性の敵”たぬかなが復帰配信でパワーワード量産

 

ホビホビ」とは、元プロゲーマーたぬかな氏の発言に由来します。

たぬかな氏といえば、「170cm以下の男は人権ない」発言で有名となってしまった方です。

 

そんな彼女が復活したかと思いきや、早々に「ホビホビ」を始めとしたパワーワードを連発。

今回はそんな「ホビホビ」とは何かについて解説していきます。

 

ホビホビとは何か

そもそも「ホビホビ」とは、架空の種族「ホビット」をもじった言葉だと推測できます。

 

ホビットとは、かの有名な「指輪物語」を描いたJ・R・R・トールキンにより創作された種族です。

作中では「2フィートから4フィート(約60センチ~120センチ)」であるとされて、陽気で愉快、時には勇敢な性格として描かれています。

よって、ホビット=小柄という表現といえるでしょう。

 

ちなみにワンピースも「ホビホビの実」という悪魔の実があるようですが、それとは違うと思われます。

ワンピースの場合は、能力から考えると「ホビー(おもちゃ・趣味)」が由来かと。

 

では、そんな「ホビホビ」という言葉が実際に使われる場合を見ていきましょう。

 

コメント欄がホビホビしてきた

ホビホビの使用例としては、

「コメント欄がホビホビしてきた(煽り)」

「ホビホビ~(挨拶的な煽り)」

という感じになります。

 

こんなシチュエーションで使われます。

低身長男性を煽る⇒低身長男性が怒る⇒コメント欄がホビホビしてきた。

 

もちろん、ハイティズム(身長差別)的な言葉であるため、あまり奨励できるものではありません。

とはいえ直接的すぎる差別言葉よりかは、なんとなくマイルドだと感じます。

というのも、170cm以下だったとしても「ホビットより背が高いわ!!」というツッコミが成り立つからです。

(もし「小人症の人に配慮しろ!」というならば、過剰反応もしくは当てつけな気がします。)

 

ホビホビの使い手

とはいえ、高身長の人が「ホビホビ」を使うと、本当に差別になってしまいそうです。

一方、たぬかな氏自身も低身長であることを公認されているため「自虐的」な表現にもなります。

ユーモアとして受け入れられるか、はたまたコンプラを意識するかで、使用者は限られるでしょう。

 

ゲーマーらしい煽り方

また、あえて「ホビット」をチョイスるするというのも、ゲーマーらしいといえます。

例えばWizardryといったゲームにも登場するので、知っている人には刺さる感じです。

逆に指輪物語やゲームを知らないと、意味不明になるかもしれませんが。

 

「失った者」と「持たざる者」

ちなみに「ホビホビ」以外にも、復帰したたぬかな氏の発言内容を見ると、結構過激でした。

 

例えば、

「私はあなたみたいな“持たざる人”の中での話をしてるんですよね」

「身長くらいはがんばれよ」

「そうや私もチビやで。やから攻撃的なんや。私で証明されたな」

などなど…。

 

いろいろ吹っ切れた結果、捨て身の芸風に変わったとでも言いますか。

変に媚びるよりかは、その「攻撃的」という自然体を活かす形に変えられたと考察できます。

これはこれで、今後「炎上系」として人気が出るかもしれません。

 

それに、元はといえば「身内ノリが拡散されてしまった」という事であったことから、同情される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

また近年M-1で優勝した「ウエストランド」にみられるように「悪口芸風」は世間でも容認されつつあるような気がします。(知らんけど。)

そういった世間の追い風もあれば、何らかの活躍の場面も増えるかもしれませんね。

 

ホビホビについて おわりに

僕は使う気はありませんが「ホビホビ」という言葉自体は、今後も流行すると勝手に予想しています。

 

とはいえ、差別的なニュアンスなので、使用方法が変わるかもしれません。

例えば「小さくて可愛いもの」に使われるようになるとか。

「壁ドン」とかも、当初とまったく異なる意味に変わってしまいましたし。

 

というわけで、「ホビホビ」は今後のネットミームとして残るかもしれませんね。

 

という事で、今回は以上となります。

今後も面白い流行のワードをチェックしていきます。