自己肯定感の低かった僕が、他人の不幸を喜ぶのをやめられた話

他人の不幸

僕は以前、他人の不幸を喜ぶような人間でした。

成功者と呼ばれる人間に対し、羨望と憎しみを抱き、「いずれ失敗すればいい」などと考えていたのです。

では、なぜそうなるかをネットで調べると、「自己肯定感が低いから」とか「嫉妬深いから」が理由なんだそうです。

それを読んで、僕は納得できるところがありました。

 

かつての僕は優れた他人に嫉妬し、自分を卑下しまくっていたのです。

ただ、僕はその一方で、嫉妬や卑下をする自分が嫌だったし、罪悪感や虚しさも感じていました。

 

そのはざまで揺れていた僕は、いつしか「このままではダメだ」とか「嫉妬をやめたい」と考えるようになりました。

 

そこで考えたのは、「どうやったらそんな状況から脱却できるのか?」という事でした。

ただ、それをネットを調べても、根本的な解決策が分からないからこそ、ずっと悩み続けていたのですが、年月をかけてようやく理解し始めてきました。

 

というわけで今回は、僕が考えた「他人の不幸を喜ぶ生き方と、それを辞める方法」についてのお話をしていきたいと思います。

 

他人の不幸を喜ぶ理由

さて、そもそも、僕が「他人の不幸を喜んでしまう理由」は何だったのでしょうか?

その理由は、「公平感を満たしたかったから」です。

 

例えば、世の中には僕よりも才能があるし、お金もあるし、顔立ちのいい人が大勢存在します。

僕にとっては、そういう人たちは何かしらの地位や名誉を獲得していて、好待遇の人生を送っているようにしか見えませんでした。

 

ところが、それなのに、僕は才能もないしお金もないし、顔立ちもいいものでもないし、ダメなところばかりなのです。

僕は、これに対してとてつもない「不公平感」を常々感じていて、「僕より優れている人間」が許せず、嫉妬をしていたのです。

 

だからこそ、僕は優れた他人の不幸を願う事によって、「公平性」を維持したかったのです。

優れた人が、その地位から転落することによって、初めて僕と同等の存在となり、ようやく公平感が満たされる、というわけです。

 

もしこの世界が公平だったら

そもそも、もし、世の中のみんなが僕同等の能力、あるいはそれ以下であれば、嫉妬しないで済むし、不幸を望むこともなかったでしょう。

そんな世界があるとすれば、それこそが「公平」であると言えます。

 

けれど、現実はそう都合よく作られてはおらず、いくら願っても僕の中の不公平感が是正されることはありませんでした。

勉強してもテストでは100点は取れませんでしたし、競技でも勝てる事はなく、何の成功も栄誉も収めたことがない…。

そんなショボイ人生にしか感じていなかった僕は、「不公平な世の中」に対し、やり場のない怒りを優れた他人にぶつけるしかなかったのです。

 

自己中心的な公平感

ただ、この論理のおかしいところは、「公平性」を願っているくせに、そのくせ「自分より下の人間はOK」と言うところにあります。

 

というのも、僕は上の人間に対して不幸を望んでいましたが、下の人間を罵ったり、あざ笑ったりしていた側面もあったのです。

 

つまり、僕の言っている「公平」とは、人間全員にとっての公平を望むのではなく、「自分だけが公平である」という極めて自分勝手な思想の事なのです。

 

それを一言で言い表すなら「自己中心的」だったのです。

 

自己中心的だからこそ、「自分の基準」で他人をあれこれと判断し、自分の頭の中で勝負を繰り広げていたのです。

 

そうやって自分の中の上下関係を勝手に作り上げどうしても勝てない相手に対し、不幸を望んでいたのです。

そして、下の人間を見て安心感を得ようとしていたのです。

 

よって、僕の満たしたかった公平感というのは、結局「自己中心的な願望」でしかなかった、と言うわけです。

 

無論、そんな生き方では、事態が好転する事はしないし、何も変わる事はありません。

しかし、自己中心的な生き方を辞めない限り、僕はずっと他人の不幸を喜び続けるしかなかったのです。

 

自己中心的な生き方をやめるには?

では、どうやったら自己中心的な生き方を改める事が出来るのでしょうか?

実は、その答えは至ってシンプルです。

 

それは、「他人を認める」という方法です。

 

自己中心的な人は「常に自分の事」しか見えておらず、「他人の視点で物事を考える事」が出来ないのです。

つまり「他人の基準で物事を考える」という視点が欠けているのです。

 

先ほどにも示したように、自己中心的な人は、「自分を基準」にして他人を「上」だとか「下」などといって勝手に競い合います。

その競争によって負けた場合、「上」の人間に嫉妬します。

そして、勝った場合、「下」の人間を見下すのです。

 

そうではなく、「他人を認める」という事は、いちいち「上」とか「下」といった思考を捨てる事を意味します。

他人を認めるというのは自分も他人も”同じ“という「横の関係」を築く事です。

 

横の関係とは「競い合い」の逆である、「共存」を意味します。

共存とは、「他人と一緒に助け合う」という事です。

 

つまり、自己中心な生き方を辞めるためには、他人と競い合うのではなく、共存する生き方を目指せばいいのです。

 

他人の価値を認める事

では、どうやったら「他人と共存する」ことが出来るのでしょうか?

そのためには、僕はこんな風に考えました。

 

それは、もしこの世界が「自分一人の世界だったら」と想像する事です。

そう考えると、この世界では僕一人だけでは生きていけない事がわかります。

 

例えば、僕は1人で野菜の生産や、お肉の調達を行うことは出来ません。

また電気やガスを発生させる知識もなければ、火を起こす技術もないのです。

つまり、僕はたった1人では生きていけず、あっという間に死ぬのです

 

では、そんな僕がなぜ今日まで生き残れているのでしょうか?

それは他ならぬ、他人の存在のおかげなのです。

例えば、今日もどこかの誰かが野菜や肉などの食べ物を生産して、電気や水道を供給する人がいて、大勢の人がモノやサービスを提供しているからこそ、僕は生きていけています。

つまり、僕はこれほどまでに他人の力に支えらているのです。

 

そう考えると、いちいち他人と競い合う意味ってあるのでしょうか?

もちろん、競争を完全に否定するわけではありませんが、嫉妬に苦しむくらいなら、他人を認めた方がはるかに楽になれるのです。

 

しかし、自己中心な生き方をしていると、その事に気付くことが出来ません

なぜなら、とにかく自分が主役であり、自分こそが世界の中心だと本気で思っているからです。

 

確かに、「自分の人生の主役は自分」というのは、ある意味では正しいかもしれません。

けれど、もし「自分がこの世界の中心だ」と考えるのならば、それは大きな過ちなのです。

他人あってこその自分なのです。

 

それが分かった時、僕は他人の存在を認められるようになっていったのです。

 

なぜ他人の価値を認められなかったのか?

では、なぜ僕は今までこの事に気付けなかったのでしょうか?

 

そもそも気づいたきっかけと言うのは、僕が社会人になって「自分が人の役に立っている」と感じたからでした。

前述の通り、何の才能もない僕は、学生の頃から「何をやってもダメな自分に価値はあるのだろうか?」と疑問を抱き、自分に自信がありませんでした。

社会人になりたての頃も、仕事で上手く行かないことばかりで、上司からのお説教ばかりを受けていたのです。

 

けれど僕はいつしか仕事を通して、「人から感謝される」という事を知り、「こんな僕でも役に立つ事が出来るんだ」と徐々に実感し始めていきました

 

というのも、仕事で重要なのは、「どうしたら相手は喜んでくれるのか?」という事にあります。

 

例えば、皆さんも経験があるかと思いますが、相手を喜ばせようとしても、相手にとって嬉しくなかった、なんてことは多々あると思います。

それはただ「”自分だったら”喜ぶだろう」という、自分の基準を他人に当てはめているにすぎないのです。

それもやはり自己中心的な発想であり、「相手が喜ぶ」ためには、「相手の望んでいること」をする必要があるのです。

 

従って、僕は「相手が喜ぶことは何だろう?」という、いかに「他人の立場に立てるか」という視点が必須だったのです。

 

そして、僕は仕事をする上でそればかりを考えるようになり、結果的に「相手を認めざるを得なかった」というわけなのです。

 

ただし、これは社会人としてはごく当たり前の事だと思います。

 

しかし、自己中心的だったころの僕は、「相手を喜ばそう」という発想はなく、ただ与えられた仕事をこなせばいいとしか考えていませんでした。

けれど、それでは仕事とは言えない事を徐々に学んでいったのです。

 

さらに、僕は仕事を続けていくうちに、取引先の人やお客さんがあってこそ、自分の仕事が成り立つことが分かってきました。

そうしたお客さんもまた違うところで仕事をして、また別の人に感謝されて…と、そんな風に仕事は連鎖していくわけです。

そこには、上下関係ではなく、「持ちつ持たれつ」という「横の関係」があるのです。

 

つまり、他人が僕より上だとか下だとかいうのは、自分が勝手に作り上げた価値観に過ぎず、生きていく上では重要ではなかったのです

 

その事に気付いた時、僕は自分の基準で他人の上に立とうとする事がいかに愚かな事かを理解しました。

 

そうやって考えているうちに、やがて僕は自己中心的な思想が自然と変わっていったのです。

 

自己肯定感を得るということ

さて、そういった過程を経た事で、僕は何とか自己中心的な生き方からある程度脱却することが出来たのです。

そんな中で、僕はもう1つの大きなものを得ました。

 

それは「自己肯定感」を味わうということです。

「自分でも何かの役に立つ」と思える事は、まさに「自己肯定感」に他ならなかったのです。

 

かつて、人の不幸を喜んでいた頃の僕は、そんな事も分からず、常に目先の事しか考えられていませんでした。

日々のつまらない日常、嫌いな上司や先輩、やりたくもない仕事…。

自己中心だった頃の僕は「お金を貰うために嫌々毎日の仕事を我慢しているだけ」だったのです。

そんな人生が楽しい訳ないですよね。

 

しかし、僕は仕事をすることによって、少なくとも誰かの役に立てるという事が分かり、やがて「自分には価値がある」と認める事ができたのです。

そうやって僕が「自分にも価値がある」と思えるようになったのも、他人と共存する道を目指すことができたからだと思います。

 

それから、僕は「もっと人の役に立とう」という意欲を持ち、皆様のおかけで、現在では自分で事業を始める事も出来るようになりました。

 

これについては、他人との優劣をつけるエネルギーを、自分の成長へと使う事が出来た結果だと思っています。

 

とはいえ、もちろん、事業では行き詰まることも多々あり、少し気を抜けば、他人の不幸を望んでしまう自分が少し顔を出すこともあります。

それに100%常に肯定できるかと言えば、そうではありません。

 

それでも、自分の価値を見出すことが出来たのは、僕の人生で大きな収穫となりました。

 

自己肯定感の低かった僕が、他人の不幸を喜ぶのをやめられた話

さて、以上が、「自己肯定感が低かった僕が、他人の不幸をやめられた話」となります。

 

振り返ってみると、僕は「自己中心的な生き方」をずいぶん長くしてきたと思います。

それもそのはずで、僕は子供の頃から「誰かの為にやろう!」みたいなボランティア精神はほとほとかけていました。

 

それよりも自分が自分の為にすることが何よりの幸せであり、学生時代においては「娯楽や怠惰を貪る事こそが至高!」みたいな偏った思想を持っていました。

 

その結果、僕はどんどん他人に追い越されて行き、いつの間にか大差をつけられていたのです。

僕は、そんな現実がなかなか受け止められず、追い越してく他人たちに嫉妬すると共に、「僕って何やってるんだろう…?」という自己肯定感の喪失も味わいました。

 

その時もし、「それでも僕はこのままでもいいんだ!」と考えていれば、永遠にそうやってきたのだろうと思います。

けれど、僕は「このままでいいのか?」という「疑問」に変わった時、ようやく変化が訪れたのだと思います。

 

もちろん、変化を求めない生き方もすることは出来ると思います。

たとえ30代、40代、あるいは老人になっても、年齢に関係なく「自己中心的」な人は存在するからです。

僕は、そういう生き方を否定することはしません。

しかし、少なくとも「それでいいのだろうか?」と言う疑問を持つのであれば、打開策を考える事に価値はあるのかと思います。

なので、もし僕のように「人の不幸を喜ぶのを辞めたい」と思っていらっしゃる方がいれば、今回のお話は参考になればと思います。

 

というわけで、今回のお話は以上になります。

みなさまのご参考になれれば幸いです。